カーテンコール

銀行を襲撃なんてしません。

はじめまして

みやのあけみと申します。
はてなブログ始めました。
ブログタイトルは、皆さんから拍手をいただけるように、との思いを込めて決めたとかそうでないとか。
はてなに拍手機能ないけど。

何はともあれ、よろしくお願いいたします。

ジャロゴーリ布教記事(第3回真皇杯中四国地区予選使用構築)

はじめに

予選ブロック3-5で予選落ちと成績が振るわなかったので、備忘録的な感覚で簡潔に書きます。
ショーダウンでパーティを回した時はもう少し勝てる印象だったので、体感に実際の成績が伴わず残念でした。

使用PT

f:id:grnd:20170629223741p:plain

ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
ウツロイド ビーストブースト ヘドロウェーブ パワージェム めざめるパワー(氷) でんじは いのちのたま
メガボーマンダ (いかく→)スカイスキン おんがえし みがわり りゅうのまい はねやすめ ボーマンダナイト
バシャーモ かそく フレアドライブ とびひざげり つるぎのまい まもる ほのおZ
メガゲンガー のろわれボディ→)かげふみ シャドーボール おにび まもる ほろびのうた ゲンガナイト
ジャローダ あまのじゃく リーフストーム めざめるパワー(炎) へびにら ひかりのかべ きあいのたすき
オニゴーリ ムラっけ フリーズドライ ぜったいれいど みがわり まもる たべのこし
概要

近年、広島のシングル界では、ジャローダで起点を作りオニゴーリでひたすら能力を上昇させる戦法、いわゆるジャロゴーリ戦法を使うことを得意とする「ジャロゴーリ界隈」なる不穏分子がのさばっている(ジャロゴーリパーティが優勝したことはないものの3位という好結果は出しており、無視できない勢力である)のですが、ジャロゴーリジャロゴーリとよく聞く割に自分で使ったことがなかったので、「戯れに我も使ってみむとてするなり」という心境で組んでみました。

基本的にジャローダで麻痺を撒いたのち、オニゴーリバシャーモメガボーマンダで積んでいくというシンプルな戦法です。
ジャロゴーリ戦法は相手の麻痺を期待し、その隙に能力をどんどん上昇させ、相手の痺れや自分の回避率上昇を利用し零度を撃つ試行回数を重ねるということで、運要素が非常に大きく絡むことから、「運ゲー」として忌避されがちなのは事実です。
しかし、起点を作って隙を見て身代わりを残しつつ積んでいくという立ち回りは他の積みパーティとさほど変わるところはなく、そこまで嫌悪する対象ではないのではないかと個人的には思います。
むしろ、やるべきことがはっきりしているので、どちらかと言うと初心者向けのパーティではないかと思います。
食わず嫌いで「運ゲー乙!」と毛嫌いするのではなく、もし興味が沸いたらお試し感覚で是非あなたのジャロゴーリパーティを組んでみてください。

今回構築を組むに当たり、バシャーモメガボーマンダが対処しづらいカプ・レヒレに選出画面でプレッシャーを与えるために、ほぼ見せポケ扱いでウツロイドメガゲンガーを入れました。
選出優先度が低いとは言え、ウツロイドを選出した場合でも起点を作れるように電磁波を入れています。


以下個別解説です。

続きを読む

第15回びぶおふ!使用構築

はじめに

第15回びぶおふ!に参加してきました。
成績は、参加者70人中、予選9人ブロックを1位抜けからの決勝トーナメント1落ちでベスト16という結果に終わりました。
6世代以降、ここ数年は予選を抜けても決勝トーナメントですぐ負けることが続いており、ベスト8という反り立つ壁を早く越えたいものです。

使用PT

f:id:grnd:20170314184906p:plain

ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
カプ・コケコ エレキメイカー 10万ボルト マジカルシャイン くさむすび めざめるパワー(地) こだわりスカーフ
カプ・テテフ サイコメイカー サイコショック ムーンフォース めざめるパワー(炎) めいそう エスパーZ
メガメタグロス クリアボディ→)かたいツメ しねんのずつき れいとうパンチ じしん バレットパンチ メタグロスナイト
霊獣ランドロス いかく じしん がんせきふうじ ばかぢから はたきおとす とつげきチョッキ
ウルガモス ほのおのからだ ほのおのまい むしのさざめき めざめるパワー(地) ちょうのまい オボンのみ
パルシェン スキルリンク つららばり ロックブラスト シェルブレード からをやぶる おうじゃのしるし
概要

(長いので個体の詳細が見たい方は「続きを読む」をどうぞ。)

もともとマンダ軸のパーティを使ってSDで遊んでいたのですが、相手のメガメタグロスが強くて興味を持ったのがきっかけで、メガグロスを使ってみようと思ったのが出発点です(軸にするとは言ってない)。
最初はメガグロスをASぶっぱで使っていましたが、Aに特化しても火力余剰になるか中途半端なダメージ(特化してもしなくても確2で倒せる)しか与えられないかという場面が多いように感じ、また当然と言えば当然ですが耐久に振らないメガグロスは普通のH振りメタグロスより耐久が落ちてしまうので、自分が長年4世代・5世代で運用してきたメタグロスの感覚となじまないことから、メガグロスをエースではなく、小回りが利いて誤魔化し程度の受け出しができて範囲の広い便利屋ポジションで使うことにしました。
そのため、メガグロスの他にエースとして運用できるポケモンが必要になって悩んでいたところ、トルンさんが四国シングルFESTAで使用した構築を見つけたので、これを参考にしてパーティを組むことにしました。
d.hatena.ne.jp
ただし、先程も少し触れた通り、私はサイクル戦が苦手でいわゆる対面構築・汎用理論寄りの構築を好む傾向にあるので、完全に攻めに特化した個体は受け回しの利かないパルシェンのみとし、周りはある程度耐久があっていざというときに突破力がある(反面、スロースターターで初動は遅い)個体で固め、どういう選出をしてもそれなりに戦えるというパーティを組むことにしました。
カバルドンで起点を作ってパルシェンで積むという立ち回りは昔からありますが、最近はリザードンが増加傾向にあり、XかYか一見して分かりにくく、ステロをするべきなのかあくびをするべきなのか等自分の中で立ち回りが安定しなかった(身代わり剣舞リザXがいたりリザYで普通に押してきたりして安定択を見つけられなかった)ことから、霊獣ランドロスで威嚇を撒きつつ物理ポケモンとの対面で被弾を覚悟でパルシェンで無理やり積んでいく、言わば肉を切らせて骨を断つ戦法を採ることにしました。
他にも、パルシェンで全抜きを図るのであれば補完要員にステロは不要であり(パルシェンのメイン攻撃技が連続攻撃技で相手の襷を苦にしないため)、そうであるならばパルシェンの上を取ってくる対カバドリ・バンドリ戦において地震が一貫せず威嚇が撒ける霊獣ランドロスの方が使いやすいのではないか、またそもそもカバルドン自体が鈍足であるため中速以下の相手にも自由に動かれやすい点を何とかしたい、と考えたことも霊獣ランドロス採用の要因です。
霊獣ランドロスを採用することで相手のパルシェンに積む隙を与えやすくなるので、これを上から潰したいと思い、スカーフカプ・コケコを起用することにしました。
カプ・コケコの枠は、ウルガモスの選出が躊躇われる場合にカプ・テテフの苦手なテッカグヤを処理する枠でもあり、またパーティ全体的に重いスイクンを処理する枠でもあることから、いわゆる電気枠と呼べますが、拘ってしまったカプ・コケコは動きが窮屈になりやすく、また火力アップアイテムがないので突破力に欠けるというデメリットもあり、持ち物を変えたり他の電気タイプを起用したりといろいろ試行錯誤したのですが、結局は対パルシェン性能を重視してスカーフコケコに落ち着きました。
しかし、先述の通り窮屈さを感じることも多く、大いに改善の余地があると思います。


前置きが長くなりましたが、以下個別解説です。

続きを読む

第14回びぶおふ!使用構築

第6世代もいよいよ終焉を迎えるということで、フィナーレに相応しい構築を考えました。

【使用PT】

ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
ガルーラ 肝っ玉(親子愛) 捨て身タックル グロウパンチ 不意打ち 地震 ガルーラナイト
クレッフィ 悪戯心 威張る イカサマ 電磁波 電磁浮遊 食べ残し
ガブリアス 鮫肌 逆鱗 地震 岩石封じ 毒々 ヤチェの実
ゲンガー 浮遊(影踏み) 祟り目 凍える風 気合球 鬼火 ゲンガナイト
ボルトロス 悪戯心 10万ボルト 目覚めるパワー氷 気合球 電磁波 ゴツゴツメット
スイクン プレッシャー 熱湯 凍える風 瞑想 ミラーコート オボンの実

【概要】
パーティを組むにあたって、ORAS時代の6世代の2年間を振り返った感想

1.やっぱガルモンなんだよなあ〜。
2.やっぱガブリアスが主人公なんだよなあ〜。
3.Swagger is GOD.
4.これだけ状態異常撒くなら祟り目ゲンガー使いたい。

以上のようなナガレでパーティを組みました。

動機は不純な点が多いですが、決して最初から勝負を放棄しているわけではありません。
ちゃんと勝つつもりでパーティも組みましたし、対戦にも臨みました。
今回のスパイス枠はガブリアスの毒々です(後述します)。
※「スパイス枠」=「『↑何より意表が突ける』技」

成績ですが、予選ブロック2位抜けからの決勝トーナメント1落ちでベスト16という結果に終わってしまいました。
6世代環境でのベスト8という秘密裏の目標を達成することはできませんでしたが、予選抜けは出来たので、クソ雑魚ナメクジだった前回出場の汚名を雪げたのはよかったです。

以下個別解説です。

続きを読む

第2回真皇杯・中四国予選大会使用PT

予選2-6でブロック最下位というあまりに不甲斐ない養分勢だったので簡潔に書きます簡潔に。

【使用PT】

ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
バシャーモ 加速 フレアドライブ 馬鹿力 叩き落とす 剣の舞 ラムの実
ボルトロス 悪戯心 10万ボルト 目覚めるパワー氷 草結び 電磁波 命の珠
ガルーラ 肝っ玉(親子愛) 秘密の力 グロウパンチ 不意打ち 身代わり ガルーラナイト
マンムー 厚い脂肪 地震 氷柱張り 氷の礫 毒々 気合の襷
スイクン プレッシャー 熱湯 凍える風 瞑想 眠る カゴの実
クチート 威嚇(力持ち) じゃれつく 不意打ち 叩き落とす 剣の舞 クチートナイト

【概要】
1.バシャーモを使おう(気まぐれ)。麻痺がウザいからラムを持たせよう。
2.基本的にボルトロスを先発させて、先制ないし相手の麻痺からのバシャーモで抜くか、ガブリアスに逆鱗打たせてフェアリータイプを無償降臨させて抜こう(マリルリクチートを想定)
3.とは言え何だかんだでガブリアスメガバシャーモに蹂躙されかねない、麻痺受けもほしい(よって襷マンムー採用)。
4.こちらが物理ATに偏っていると相手はクレセリアを選出したくなるはずなので、クレセリアメガガルーラの起点にして抜こう(秘密の力メガガルーラ採用)。
5.炎技の通りがよいので受けられる駒がほしい、鬼火を苦にしない駒であればなお望ましい(よってスイクンスイクンINによりマリルリOUT、クチートIN。)。
以上のようなナガレでパーティを組みました。
対面構築?って呼ぶんですかね、そんな感じです。

今回のスパイス枠はマンムーの毒々です。
地震をすかし、氷技を受けにくるクレセリアに交換読みで打ちます。
もともとは守るにしていて相手のバシャーモくんに膝を割ってもらおうと思っていましたが、さすがにピンポイントすぎるし守ったところでその後何も出来ないのが馬鹿らしいので止めました。
後ろにゲンガーとかギルガルドがいたら守るも面白かったと思います。
毒々は1回だけ打ってその試合は勝ちましたが、受けループ相手に選出しない痛恨のミスを犯してその試合は惨敗してしまいました。
「どうしたんだグラナダー!何のための毒々だー!」(前々回記事以来半年ぶり2回目)
マンムーの4枠目は正直何でもアリだと思ってるんで、←何より意表が突ける を実践するために使用者個々人で検討したらいいんじゃないでしょうか。

駒的にはいわゆるグッドスタッフが集まっていて、こんなに負け越した原因が自分でもよく分からなくて困っているのですが、オフ後に何人かに意見を求めたところ、「クチートを使うのであればトリル始動要員と組ませたい、全体的にガブリアスメガガルーラに先手を取られている」とのありがたきお言葉を頂戴つかまつったので、今後の参考に致す所存に候。

続きを読む

第5回えるおふ!(バトルロードグロリア中四国予選大会)対戦レポ


使用パーティはガルーラ、霊獣ランドロスクレセリアドサイドンヒードランロトム水という面子。

詳細は前回記事の通り。

続きを読む

第5回えるおふ!(バトルロードグロリア中四国予選大会)使用PT


こちらのオフ会(第5回えるおふ!結果 - 広島ポケモン対戦オフ「びぶおふ!」「えるおふ!」)に参加してきました。


【使用PT】



ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
ガルーラ 肝っ玉(親子愛) 恩返し 猫騙 桁繰り 守る ガルーラナイト
霊獣ランドロス 威嚇 地震 岩雪崩 馬鹿力 叩き落とす 突撃チョッキ
クレセリア 浮遊 サイコキネシス 冷凍ビーム 三日月の舞 トリックルーム ラムの実
ドサイドン ハードロック 地震 岩雪崩 ドリルライナー 守る 命の珠
ヒードラン 貰い火 熱風 大地の力 大文字 守る シュカの実
ロトム 浮遊 10万ボルト ハイドロポンプ 雨乞い 拘りスカーフ

【概要】

エルテラを使うつもりだったが、構築して意気揚々とレートに潜ったら外人に7連敗するセンスのなさを露呈してしまったので解体。
急遽再構築して、オフ当日にドサイドンに進化し終わる程度には急造だった。

ボルトロスとスカーフ霊獣ランドロスが圧倒的に多いと予想し、電磁波で麻痺することなく、一般的な耐久HD4振りずつの霊獣ランドロスをドロポンで落とすスカーフロトム
前々から拘らない霊獣ランドロスが強いと思っていたので、ボルトロスのめざ氷にも強気に動けるチョッキランドロス
相手のボルトロスに電磁波撒かれたらスイッチ展開するためのクレセリア
電磁波での事故要素がなくトリル下でのアタッカーとして、タイプ相性の良し悪しは顕著ではあるがハマると強いドサイドンを採用。
メガ枠含めて残り2枠というところで、クレセリアを選出せずともトリル展開ができることと横の相性がよいことが利点のサナバレルと、ニンフィアへの耐性をある程度確保できるスタンダードチックなガルーラヒードラン、天候晴れを確保できドサイドンにも有益なリザドラン、あるいはリザバナ、この4組で迷ったが、結局ニンフィア耐性と相手のガルーラが気になったのでガルーラヒードランを使うことに。
この6体だと、5体が最速ガルーラ以下の素早さになってしまうので、ガルーラミラーで強気に動けるようこちらのガルーラは最速、ミラーに負けても最低限1回は行動回数を確保するために攻撃無補正ガルーラの桁繰り耐えまで耐久に割くという、火力に乏しいガルーラになっている。
そして、最速ガルーラ以外に確実に相手のガルーラより早く行動するための手段を確保するため、クレセリアトリックルームを採用して素早さ関係を操作して誤魔化すこととした。

ちなみに今回のスパイス枠は赤字のところです(後述します)。

続きを読む